へき地複式実習

へき地・複式実習について  和歌山大学教育学部では学校教育教員養成課程3回生の希望者を対象に、平成14年度より和歌山県内の小規模校にて教育実習を実施しています。
実習期間における実習生の宿泊・共同生活に際して、実習校周辺家庭にホームステイを依頼しています。

2015年度実施校 クリックすると詳しい内容を見ていただけます(PDFファイル)→

へき地マップ

第12回 へき地・複式教育実習フォーラムを開催します。詳しい内容はPDFファイルでご確認ください→

日時  2016年3月4日(金)13:00受付 13:20開会~16:30閉会
会場  和歌山大学教育学部講義棟(L棟)
対象  当実習の関係者各位、県内小学校教職員および教育関係者その他学生・一般参加可

◆内容
 ・テーマ別発表(テーマ例:ホームステイ先での学び、共同住宅での学び、体験学習での学び、実習協力校での学び等)
 ・実習生による成果ポスターセッション・講評
 ・本年度の総括
 ・「へき地・複式教育実習」のこれまでと今後の実習改革へ向けた提案

◇申し込み方法:メール(j-staff[at]center.wakayama-u.ac.jp([at]を@に変更してください))にて直接メールで受け付けます。
(締め切り:3月3日(木)中に送付してください。)
・タイトル:「実習フォーラム参加申し込み」
・メール本文:(所属機関/役職/氏名のみお書きの上、送付してください。)
※電子メールが送付できない状況の場合は、電話またはFaxでもお伺いしますのでご連絡ください。
※当日参加も可能です。 但し、参加受付名簿および資料の準備の都合がありますので、できるだけ上記メールアドレスにて申し込みをお願いします。

へき地フォーラム